マーケティングオートメーション活用例

メールマガジンのアプローチを変えていく

マーケティングオートメーションの活用例として、メールマガジンのアプローチを変えていく方法があります。電話はもちろん、メールでお客様の反応を見るのは重要なポイントです。購買意欲などのモチベーションを測ることで、より的確なアプローチが行えるようになります。来店するお客様が少なくても、受注へつながる数が多ければ何の問題もありません。メールの開封やページのクリックなど、リアクションからお客様の興味を分析する機会も生まれます。まだ購入を迷っている初期段階や、すぐにでも購入したい緊急性の高い場合もあるはずです。メールマガジンを接点にして、お客様のベストなタイミングを見つけることが大事になってくるでしょう。

アラートメールの精度を高めていく

営業マンにとって、アラートメールは情報を共有できる役立つツールです。新商品の紹介など、営業活動にすぐ反映できるようなデータの質も求められています。経験の浅い新人が売上目標を達成するためには、第一に営業のフローを身につけなければなりません。受注までのプロセスが明確になれば、達成までの期間も短縮できるでしょう。アラートメールの精度を高めることで、営業マンの意識も向上しやすくなります。受注へつながりにくい案件も、しっかりフォローできるはずです。営業活動のデータを蓄積しつつ、ノウハウとして共有する体制も整えることができます。短期間で成果が出やすいことも、マーケティングオートメーション活用例の特徴です。

© Copyright Best Software For Your. All Rights Reserved.