話題のマーケティングオートメーションとは?

マーケティングオートメーションの革新性

マーケティングオートメーションとは、今まで企業が分割して行っていた新規顧客の獲得から見込み客の育成(リードナーチャリング)までの業務をオートメーション化する事で、より効果的に、より効率的に取引を成立させようとするシステムの事を指します。従来の販売方法では、例えば新規顧客の獲得リストをそのまま営業部に投げ、営業の担当者が見込み客の育成から成約までを成さなければならなかった事が多く、それでいて営業ノルマもあるため、どうしても「将来の見込み客」より「今すぐ成約してくれる客」の方に時間をかけてしまい、結果的に自転車操業になってしまうという問題点がありました。マーケティングオートメーションにより見込み客の育成をある程度自動化できれば、営業には成約率の高い顧客リストを渡す事ができ、時間やコストの無駄が省ける事が期待されています。

マーティングオートメーション普及の背景

マーケティングオートメーションの普及が見込まれる背景として、従来の営業方法の限界が見え始めたという事が言われています。例えば、担当者がアトランダムにテレアポをし、その中で見込みがありそうな顧客にのみ商談を持ちかけるというやり方は、様々な需要が一括して増大していた時代は良いのですが、現代のように需要が複雑化し、また顧客側も忙しくなかなか話を聞く暇もないという時代になると、かなり効率が悪いものとなってしまっています。また、成約率が悪い事による営業の人件費や交通費等も経営を圧迫しており、マーケティングオートメーションを導入する事によってそれらの改善も期待されています。自社のサービスを必要なだけ、必要な人に届ける事ができれば、ビジネス的にも社会的にも多大なメリットがある事でしょう。

© Copyright Best Software For Your. All Rights Reserved.